地雷ぽこもんは正義

ポケモンのPT紹介を気が向いたときにUPしていきます。今はローテ以外のルールを気ままにやってます。

【ローテチーム戦使用構築】僕はローテ初心者?

このたび、きゅんさん主催のローテチーム戦に参加するとともに、
わずかではありますが、レートに潜りました。
勝ちにいく構築を組んで対戦するのは初めてで、ローテ特有の選出3体が見えてる中での択のおもしろさや、対戦相手がみつかりませんでしたさんの強さを身をもって体験することができました。

チーム戦については、予選ブロックで敗退したものの個人3-1という結果で終われましたし、
レートでも対戦数は少ないものの最終1ページに載っている人に勝ちながら14-3(レート1670)とほどほどの結果を残すことができました。

それでは、早速ではありますが、PT紹介です。

f:id:hkpk2414:20160517203300g:plain
サザンドラ@ものしり眼鏡
169-×-113-194-115-142
悪の波動/流星群/大文字/大地の力
ローテ初心者の自分が知っていた強いらしい構築にはサザンドラの名前が入っていたため採用。
当初は命の珠で採用していたものの、一度技を使用するとアローのブレバ圏内に入ってしまうことを知り持ち物を変更した。
調整はその名残で10n-1になっていたりします。
こだわり眼鏡、スカーフなど迷ったものの、技を打ち分けられたほうが強そうな気がしたため、ものしり眼鏡の採用に至った。
結果、何ともいえないポケモンになってしまった。

f:id:hkpk2414:20150111091753g:plain
ガルーラガルーラナイト
181-145-101-×-102-156
おんがえし/グロウパンチ/ふいうち/岩雪崩
メガ枠。
構築段階では、クチートガルーラの2メガ構築だったが、どちらかに絞って取り巻きで対応範囲を広げたほうが強いと判断してガルーラが残った。
他のルールでは猛威を振るっている凶暴な親子だが、このローテーションバトルというルールにおいては、耐性の少なさ、技が豊富なものの択を当てないと意味がないという点から微妙なメガ枠であることが分かった(もちろん、火力や追加効果など考えると十分採用されうる)。
技については、メインウエポンとなるノーマル技で反動のないおんがえしに、突破能力を高めるグロウパンチと縛り性能を高めるふいうちまでは確定。
残り1枠はPTや好みによると思いますが(大半は地震採用?)、択を外してもなんとかなりそうな岩雪崩を採用しました。弱かったです。

f:id:hkpk2414:20150714202053g:plain
ニンフィア@カゴのみ
201-×-113-143-151-85
ハイパーボイス/めいそう/ねむる/いびき
クチートの抜けた枠に入ってきたポケモン、ドラゴンの一貫を切る枠。
相手の耐久ポケモンや火力のないポケモンを起点にするめいそう眠る型での採用となった。
実際の対戦では、自分のPTに地震が通りやすいことからガブリアスの抑止力としてあまり機能せず、うまく扱えなかった枠でもある。
この並びで使用するのであれば、もう少し型の変更が必要であると感じた。

f:id:hkpk2414:20160517203405g:plain
エンテイ@こだわり鉢巻
191-167-105-×-107-154(非理想)
せいなるほのお/ストーンエッジ/アイアンヘッド/ニトロチャージ
高火力でゴリゴリ相手を削りながら状態異常も狙えるえらいポケモン
ひたすらせいなるほのおを放つ、せいなるほのおしか放たない。
ローテのエンテイといえば、有名な配分があるらしい(ひこさんだったかな?)が、あくまでシングル個体の流用なのでAS。
それが功をそうしたのか、相手が遅いエンテイ前提の立ち回りをしてくれたおかげで勝ちを拾った試合もありました。

f:id:hkpk2414:20160517203807g:plain
ラプラス@とつげきチョッキ
227-94-108-150-116-83
なみのり/フリーズドライ/こおりのつぶて/ぜったいれいど
ローテは雨パが多いという風の噂を聞き、それならばと対策として採用したポケモン
結果的に雨パに当たることはなかったものの、耐久力の高さと特性シェルアーマーのおかげで安定した
活躍をみせてくれました。
耐久ポケモン、小さくなるやつ対策?に採用した絶対零度もきちんと当ててくれる。

f:id:hkpk2414:20150105205036g:plain
キノガッサ@きあいのたすき
135-182-101-×-80-134
マッハパンチ/きのこのほうし/がんせきふうじ/タネマシンガン
このポケモンより遅いポケモンはもちろん、襷を盾に少なからず仕事をしてくれるポケモン
メインウエポンはきのこのほうし。
思っていた以上に催眠対策をしているPTが少なかったのだが、
こちらからはどうしても催眠対策しているように見えてしまった結果、無駄な動きをしてしまうことが少なからずあった。
マッハパンチは先制技で相手を縛るなど必要な技だと思うが、残り2枠については要検討であると感じた。


ローテーションバトルをわずかながらやってみての感想としては、
もっと対戦人口が増えてもいいと思えるくらいには奥の深い、楽しめるルールだということです。
シングルルールの流用個体でも十分戦えますし、
他ルールほどガルーラが猛威をふるうこともありません。
他のルールちょっと飽きたな...とか、もうこの親子ばかり見たくないよという方、
ぜひ一度ローテーションバトルの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?