読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地雷ぽこもんは正義

ポケモンのPT紹介を気が向いたときにUPしていきます。今はローテ以外のルールを気ままにやってます。

S14使用マンマン構築[シングル]

オフ参加後にポケモン熱が高かったこともあり、

ORAS発売以来初めてシングルレートをまじめに潜ってみました。

 

当初は大会景品でもらった色ゲンガ―を構築の軸にしたかったため、

クレッフィゲンガ―を使用していたのですが、

うまく扱えず、その裏選出であったメガマンダ軸の構築に改良しました。

 

以下がPTの詳細です。

 

f:id:hkpk2414:20160314010302g:plainf:id:hkpk2414:20160205220027g:plain   f:id:hkpk2414:20150714202053g:plain

    f:id:hkpk2414:20160314010330g:plain   f:id:hkpk2414:20150105205020g:plain  f:id:hkpk2414:20140304224821g:plain

 

 

f:id:hkpk2414:20160314010302g:plain

ボーマンダ@メガストーン

性格:慎重

実数値:191-167-157-×-152-147

技構成:捨て身タックル、はねやすめ、りゅうのまい、じしん

所謂HDマンダ。

初めは有名なH244、D228振りの個体を使用していましたが、

もう少しSを延ばした方が使いやすく感じたため調整を変更しました。

技構成ははねやすめ、りゅうのまいは確定で、

ガルガブの並びに少しでも強く出るため捨て身タックルを採用。

残り1枠には鋼タイプ入りに出せなくなるのをきらい地震を採用しました。

クチートをはじめとする鋼タイプに強い構築であれば、状態異常技に強くなる身代わり等を採用しましょう。

耐久に振ったマンダの堅さと強さを実感させられました。

 

f:id:hkpk2414:20160205220027g:plain

マンムー@突撃チョッキ

性格:いじっぱり

実数値:185-195-100-×-110-107

技構成:じしん、つららばりこおりのつぶて、じわれ

ボーマンダが相手しづらいボルトロス等を受けるために採用。

技構成はじしん、つららばりこおりのつぶてまでは確定。

残り1枠は、ばかぢからや岩技と迷いましたが、厄介なポケモン

一撃で葬れる可能性のあるじわれを採用しました。

気合い玉持ちのボルトロスも一定数いるため、一概には言えませんが、

役割だけを考えれば、命の珠などを持たせ、

じわれの枠をどくどくなどに変更したほうがサイクルをうまく回せたと思います。

 

f:id:hkpk2414:20150714202053g:plain

ニンフィアゴツゴツメット

性格:ひかえめ

実数値:191-×-118-145-151-86

技構成:ハイパーボイス、めいそう、ねむる、いびき

自慢のゴツメ枠。一体で様々な役割を果たすことができる器用なポケモン

対面厨パにいるボルトガルーラ等のトップメタな並びに強い点や瞑想眠るいびきにより対受けループ性能が高い点などを考えるともっと個体数が多くても不思議でないと感じました。

調整は流用個体を使用したため、もう少し煮詰めてみたいですね。

 

f:id:hkpk2414:20160314010330g:plain

ゲンガー@メガストーン

性格:臆病

実数値:165-×-102-191-116-200

技構成:おにび、たたりめ、きあいだま、みちずれ

一般的なHSメガゲンガー。おにびや気合い玉を外さなければ強い。

しかしながら、技構成がPTにしっくりこずあまり選出できなかった。

襷ゲンガー以外の凍える風をあまり信用していなかったが、

この構築においては欲しい場面が幾分あったのと、

気合い玉よりはヘドロ爆弾のほうが選出機会が増えていたと思う。

 

f:id:hkpk2414:20150105205020g:plain

バシャーモ@ラムのみ

性格:いじっぱり

実数値:155-189-92-×-93-128

技構成:フレアドライブ、おにび、とびひざげり、まもる

ガルーラスタンなどをはじめ初手に投げることの多いポケモン

得手不得手がはっきりしているため交換が読みやすいことと、

出てくるポケモンにおにびが刺さりやすいため非常に使いやすかった。

技外しで泣くことも多いポケモンであるが、

このPTの潤滑油的な役割を果たしてくれた。

 

f:id:hkpk2414:20140304224821g:plain

ロトム@こだわり眼鏡

性格:ひかえめ

実数値:147-×-127-172-128-116

ここまででつらいファイアローを主にみる枠。

最近多い慎重アローや、このPTで対処しづらいナットレイにトリックを

入れることでこちらのサイクルを有利に回すことができる。

ボルチェンがあることで甘えてしまう場面があったことと、

ラムガブが悠長に剣の舞をしてくることが多かったので

めざ氷を採用したかった。

 

 

この構築で対戦したのは、120~130戦程度で

最高レート2000序盤あたりまであげることができました。

ひさしぶりにレートをして思ったのが、

プレミで落とした後の試合で運負け続くことが多いなあってことと、

運負けした試合でもプレイングもう少し改善できるところがあったっていうところですね。

ちなみに自分はそのあと1800中盤まで落ちたのは秘密

 

では、また気が向けばレート潜ることもあると思いますので

よろしくおねがいします。