地雷ぽこもんは正義

ポケモンのPT紹介を気が向いたときにUPしていきます。今はローテ以外のルールを気ままにやってます。

【剣盾S11/最終993位】滑込みウオラオス【シングル】

ランクバトルシーズン11(シングル)にて使用した構築です。

 

【構築概要】

昨シーズン結果を残したと聞いていたウーラオス(連撃)+ウオノラゴンの並びを使ってみたいと思い構築。

f:id:hkpk2414:20201101210225j:plain

 

【個体詳細】(以下、採用順)

1 ウーラオス(連撃)

f:id:hkpk2414:20201101210733g:plain

性格:ようき

ステータス:176-182-120-×-80-163

技:すいりゅうれんだ、インファイト、つばめがえし、かみなりパンチ

持ち物:いのちのたま

特性:ふかしのこぶし

 

ダイマエース。ウーラオスダイマで雨にしてからウオノラゴンで一掃していくのが理想の展開。実際には、裏から展開してウーラオスで締めにいくことがほとんどだったが、ダイジェットからの高火力で一番の活躍をしてくれた。

 

 

2 ウオノラゴン

f:id:hkpk2414:20201101212718g:plain

性格:ようき

ステータス:166-142-120-×-100-139

技:エラがみ、げきりん、けたぐり、ねごと

持ち物:こだわりスカーフ

特性:がんじょうあご

 

雨下で展開する抜きエースとして採用。初手出しが刺さる場合が非常に多かった。

アシレーヌマリルリが受けに出てくることが多く、エラがみで負荷をかけながらナットレイとのサイクルをして、ウーラオスを通す展開が多かった。

 

 

3 ドサイドン

f:id:hkpk2414:20201101214511g:plain

性格:いじっぱり

ステータス:191-211-150-×-99-68

技:じしん、ロックブラスト、ほのおのパンチ、つるぎのまい

持ち物:オボンのみ

特性:ハードロック

 

上記2体で重めのパッチラゴンの対策として採用。 実際にはドサイドンでパッチラゴンを倒す展開は少なかったものの、火力と物理面の耐久がすさまじく、上記2体が選出できなかったときのダイマ枠として十分な活躍をしてくれた。受け寄りのPTもドサイドンで崩していくことがほとんどでした。

 

 

4 ナットレイ

f:id:hkpk2414:20201101214533g:plain

性格:のんき

ステータス:181-114-201-×-137-36

技:ジャイロボール、パワーウィップ、やどりぎのたね、まもる

持ち物:たべのこし

特性:てつのとげ

 

ここまでで重くなっているアシレーヌマリルリを受けたり、相手のダイマを無理矢理枯らしにいく。育成済個体をそのまま採用したため、技構成は一考の余地あり。最終日は張り切りすぎてやどりぎ外しまくった。

 

 

5 ロトム(火)

f:id:hkpk2414:20201101214549g:plain
性格:おくびょう

ステータス:157-×-127-156-127-118

技:ほうでん、ボルトチェンジ、オーバーヒート、あくのはどう

持ち物:とつげきチョッキ

特性:ふゆう

 

 最終日に入ってきたやつ1。スカーフをウオノラゴンに取られていたので特殊への繰り出し性能を上げられるチョッキで採用。最速アシレーヌ抜きまで素早さをあげておいたほうが良さそうだったが育成済をそのまま採用。ナットレイやウオノラゴンとサイクルしながら相手を削っていくことが多かった。

 

 

6 ゲンガー

f:id:hkpk2414:20201101212741g:plain

性格:おくびょう

ステータス:139-×-85-182-96-169

技:たたりめ、こごえるかぜ、ヘドロばくだん、おにび

持ち物:きあいのたすき

特性:のろわれボディ

 

襷枠が余っていたため最後に採用したポケモン。ほとんど選出できなかったため、要検討枠。

 

【基本選出】

基本的には、このどちらかで選出することが多かったです。

①ウオノラゴン-ウーラオス-ナットレイ

②ウオノラゴン-ドサイドン-ナットレイ

 

【最後に】

久しぶりに最終日に時間がとれて3桁狙える位置にいたため、ラスト1時間がんばった結果、ぎりぎり滑り込むことができました。

シーズン12からは使用できるポケモンが増えますが、ゲームに使える時間がまた減りそうなので適度にやっていこうと思います。

【剣盾S4シングル/最終735位】勝率7割overドラパミミカビキッス

みなさま、S4お疲れ様でした。

今回は、ポケモン剣盾S4開始時~最終日まで使用した構築の紹介になります。

 

f:id:hkpk2414:20200401225953j:plain

 

【使用個体】

f:id:hkpk2414:20200401231343g:plain

ドラパルト@f:id:hkpk2414:20200201142432p:plainたべのこし

図太い 193(236)-×-129(180)-124(28)-98(20)-168(44)

特性:すりぬけ

たたりめ/おにび/みがわり/りゅうせいぐん

 

ごく一般的な鬼祟ドラパルト。

終盤には、型を一点読みした動きをされることも増えたため、

初手での選出を控えサイクルの中で場に出すよう心がけました。

 

f:id:hkpk2414:20200401231831g:plain

カビゴンf:id:hkpk2414:20200401232731p:plainフィラのみ

 わんぱく 267(252)-130-126(236)-×-130-53(20) 

特性:くいしんぼう

のしかかり/リサイクル/DDラリアット/のろい

 

積んで詰めをしていくコマとして採用。

序盤~中盤までは選出率も高く、中々の活躍してくれました。

終盤には対策が進んだため全く選出機会がありませんでしたが、

相手の対策枠の選出誘導として一定機能してくれることに期待し、

最後まで採用し続けました。

 

f:id:hkpk2414:20200401231854g:plain

トゲキッスf:id:hkpk2414:20200401234615p:plainピントレンズ
ひかえめ 161(4)-×-115-189(252)-135-132(252)
特性:きょううん
エアスラッシュ/マジカルシャイン/わるだくみ/だいもんじ

 

 終盤には、よほど刺さっていない限りはこいつを通すよう立ち回った。

強運+ピントレンズでの突破性能が非常に高く、

急所で試合を拾ってくれることも少なくなかった。

 

f:id:hkpk2414:20200401232450g:plain

ロトム(水)@f:id:hkpk2414:20200201142543p:plainオボンのみ

ずぶとい 157(252)-×-159(140)-133(60)-128(4)-113(52)
特性:ふゆう

おにび/わるだくみ/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ

PTの潤滑油かつ状況に応じて崩しを行っていく枠。

PT単位で重めのヒヒダルマがいる構築や受け回しの構築にはほぼ選出しました。


f:id:hkpk2414:20200201113513g:plain

ミミッキュf:id:hkpk2414:20200402002811p:plainアッキのみ

ようき 131(4)-124(252)-100-×-125-162(252)

特性:ばけのかわ

ドレインパンチ/ゴーストダイブ/かげうち/つるぎのまい

 

選出すれば最低限の仕事はしてくれる説明不要のポケモン

じゃれつくは命中不安な点と打ちたい相手があまりいなかった点などを考慮してドレインパンチを採用した。

型次第ではカビゴンと打ち合って勝つこともあり、技構成はこれで間違いなかったと思っています。

 

f:id:hkpk2414:20200401232206g:plain

ホルードf:id:hkpk2414:20200201142400p:plainきあいのたすき

いじっぱり 161(4)-118(252)-97-×-97-130(252)

特性:ちからもち
でんこうせっか/じたばた/がんせきふうじ/じしん

襷枠兼、重めの襷ギルガルド対策枠として採用。

終盤にはナットレイの個体数が増えているように感じ、

PT単位でも処理ルートが限られていたため、

炎技の採用に一考の余地はあるが、抜く技がなかった。

 

f:id:hkpk2414:20200401225944j:plain

 

最終735位

対戦数:勝58or59-負22or23

あまり時間がとれず、上位を目指して戦えなかったのが少し心残りです。

 

終盤に数の増えた個体、型の寄せ集めのようになっていますが、

シーズン序盤から使っていたので先見の明があったのでは?!

 

以上、特筆すべきこともなかったので簡単な紹介になりましたが、

ご一読いただきありがとうございました。

 

【剣盾シングルS2】最終日使用構築(最終932位)

前期記事を見て砂かきf:id:hkpk2414:20200201121002p:plainを使いたいと思い、
最終日前日までf:id:hkpk2414:20200201121054p:plainf:id:hkpk2414:20200201121002p:plainf:id:hkpk2414:20200201121102p:plainf:id:hkpk2414:20200201121002p:plainを使用していたが勝てなくなったため、
最終日に何体かポケモンと技構成を入れ替えてできた構築。


f:id:hkpk2414:20200201105412j:plain


1. f:id:hkpk2414:20200201121112p:plain  f:id:hkpk2414:20200201142411p:plain
 臆病 浮遊
 167-×-110-177(252)-111(4)-165(252)
 流星群/大文字/悪の波動/とんぼがえり

 CSぶっぱ
 甘えた受け出しを許さないf:id:hkpk2414:20200201142411p:plain持ち
 砂下のf:id:hkpk2414:20200201121002p:plain以外は相手の高速アタッカーに
 上から殴られてしまうため、f:id:hkpk2414:20200201143306p:plainの方が
 立ち回りは安定すると思う。


2. f:id:hkpk2414:20200201121002p:plain f:id:hkpk2414:20200201142420p:plain
 意地っ張り 砂かき
 191(44)-205(252)-88(60)-×-86(4)-127(148)
 アイアンヘッド/地震/剣の舞/岩雪崩
 H:16n-1
 A:ぶっぱ
 B:D時にDf:id:hkpk2414:20200201121047p:plainのD滝登り最高乱数切り耐
 D:余り
 S:砂下f:id:hkpk2414:20200201143306p:plain100族抜調整のf:id:hkpk2414:20200201121002p:plain抜き

 この構築のエース
 f:id:hkpk2414:20200201142420p:plain発動時の抜き性能は抜群に高いが、
 シーズン終盤は警戒されすぎて発動機会が減少
 S1に見たf:id:hkpk2414:20200201121002p:plainの上を取れるS調整にしたが、
 最速、準速の個体が増加しているように感じた
 

3. f:id:hkpk2414:20200201121121p:plain f:id:hkpk2414:20200201142400p:plain
 陽気 猛火
 155-168(252)-96(4)-×-95-188(252)
 火炎ボール/カウンター/不意打ち/跳膝蹴り
 ASぶっぱ
 数は減少したが、全体的にf:id:hkpk2414:20200201145559p:plainが重いため採用
 メイン技が命中不安なのが弱いが、
 申し分ない火力と高いSで先制技持ちのため、
 スイープ役としても評価が高い


4. f:id:hkpk2414:20200201121131p:plain f:id:hkpk2414:20200201142351p:plain
 意地っ張り 化けの皮
 131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)
 影打ち/ゴーストダイブ/じゃれつく/ウッドハンマー
 ASぶっぱ
 困ったときに選出すればなんとかなる
 最終日に剣の舞ウッドハンマーに変更し、
 選出できる範囲を広げた
 もらった個体をそのまま育成したため、
 f:id:hkpk2414:20200201121131p:plainミラーには弱い


5. f:id:hkpk2414:20200201121708j:plain f:id:hkpk2414:20200201142432p:plain
 控えめ 貯水
 223(140)-×-109(68)-145(212)-120(36)-87(52)
 フリーズドライ/泡沫のアリア/絶対零度/身代わり
 H:16n-1
 B:特化f:id:hkpk2414:20200201121047p:plainのDパワーウィップ確定耐
 C:余り
 D:特化f:id:hkpk2414:20200201123215p:plain(水)の放電確2耐(チョッキ所持時)
 S:4振りf:id:hkpk2414:20200201141039p:plain抜き

 もともとf:id:hkpk2414:20200201142441p:plain用に育成していたが、
 受け回しの構築に強くするためf:id:hkpk2414:20200201142432p:plainで採用
 ††交代際の絶対零度は必中††
 

6. f:id:hkpk2414:20200201123215p:plain(水) f:id:hkpk2414:20200201142543p:plain
 図太い 浮遊
 157(252)-×-159(140)-133(60)-128(4)-113(52)
 悪巧み/悪の波動/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
 H:ぶっぱ
 B:A187f:id:hkpk2414:20200201121002p:plain地震15/16耐
 C:HBS調整の余り
 D:余り
 S:準速f:id:hkpk2414:20200201141302p:plain抜き

 いろはさんの調整をお借りしました
 受け回す構築の崩し役やPTの潤滑油として採用
 8世代になって強化されたのを改めて感じました


久しぶりのシーズン通して潜ったランクマッチ
対戦感覚を戻すのでやっとでしたが、
ひとまず最終3桁で終了できました

来シーズンも時間があれば頑張りたいと思います

拙い文章でしたが、
ここまでご覧いただきありがとうございました!

【ポケモン剣盾】脱出パックドラパルト

久しぶりにちょっと真面目にポケモンやりだしたので、備忘録として、走り書き程度の更新です。

f:id:hkpk2414:20191203221511j:plain
ドラパルト@脱出パック
特性:クリアボディ
臆病CSベース
鬼火/祟り目/身代わり/流星群

最近使っているドラパルト。
DMに依存せずに強い型として、
鬼火、祟り目、身代わり@1
を考察していた際に、
持ち物最有力候補である「食べ残し」を
他のポケモンが持っていたため、採用。

一度きりにはなりますが、
流星群という高火力技をとんぼ返り感覚で
使用することが可能。
流星群のデメリットであるC↓2による
起点回避を防ぎながら、
有利対面を作ることができます。

また、特性のクリアボディにより、
相手の威嚇やDM追加効果などによる偶発的な
脱出パックの発動を防ぎ、
能動的に持ち物を使用することができるのも
優秀です。

(だれか結果残して参考URLとしてリンクしてください)

【SMシーズン5使用構築】壁偽装?氷Zキュウコン入り構築

SM発売以降、ポケモンにあまり触れていなかったため、久々の投稿となります。

大した成績を残せたわけではありませんが、記念に簡単ながら記事投稿します。

 

f:id:hkpk2414:20170912211153p:plain

アローラキュウコン@氷Z

臆病CS

吹雪/わるだくみ/ムーンフォース/目覚めるパワー(地)

意表をつくわるだくみ型。意表をつけるだけで火力はお察し。

ドランで止まらないよう目覚めるパワー地面としたが、一度も打つ機会がなく、

PTに合わせて別の技を入れるほうがよいと思われる。

対ガルーラへの自覚はすさまじく、対面で一度も負けなかった。

 

f:id:hkpk2414:20170912211228p:plain

バシャーモ@メガ石

意地ASベース

フレアドライブ/とびひざげり/まもる/いわなだれ

壁展開からの積みサイクルに見えるようにする枠①

いわなだれの枠は自由枠だが、ワンチャン残せるので優秀。

 

f:id:hkpk2414:20170912211203p:plain

カプ・コケコ@電気Z

臆病CS

10まんボルト/マジカルシャイン/めいそう/みがわり

壁展開からの積みサイクルに見えるようにする枠②

使ってみたかっためいそう型を採用してみたものの、全く使いこなせなかった。

後出しされやすいカバに対して、安心して投げられるポケモンが少ないPTだったので、

目覚めるパワー氷や草結びを搭載した型のほうが勝率を伸ばせたと思う。

 

f:id:hkpk2414:20170912211213p:plain

スイクン@カゴのみ

図太いHbsベース

熱湯/冷凍ビーム/めいそう/ねむる

戦術したカバ等の耐久ポケモンに少しでも厚くするため採用。

選出率はそこまで高くないが、選出したときにはしっかり活躍してくれる。

 

f:id:hkpk2414:20170912211221p:plain

ドリュウズ@こだわり鉢巻

いじっぱりAS(かたやぶり)

地震アイアンヘッドいわなだれ、つのドリル

電気の一貫を切る枠として採用。以前までは地面枠にガブリアスを使うことが多かったが、交換読みの目覚めるパワー氷等でやられることも少なくなかったため、安心感がすさまじかった。

また、特性のためミミッキュにも強く出られるのも評価できた。

 

f:id:hkpk2414:20170912211236p:plain

ボーマンダ@メガ石

陽気ASベース

すてみタックル/みがわり/はねやすめ/どくどく

2体目のメガ枠であり、スイクンが選出できない時の耐久ポケモン対策として採用。

しかしながら、環境に全くあっておらず、要検討枠。

りゅうのまい+2ウェポンの構成が環境にあっているように感じた。

 

1700からこの構築を使い始め、勝率8割程度で最高1900代、最終1800代で終了した。

ひさしぶりのポケモンで環境が全く分からない中であったが、手探りながらも楽しむことができました。

また仕事が忙しくなりそうなので、もう少し時間作ることができたら上目指してがんばってみたいですね。。